ブログ

  • 2017.07.13 トレーニング

    脚のラインをきれいにする

    こんにちは!
    パーソナルトレーニングジム REN 三軒茶屋です。

    「脚を細くしたい」「脚のラインをきれいにしたい」と思い運動を始めたけど、気が付いたら余計に足が太くなってしまった・・・という方も多いと思います。

    一言で「脚」と言っても、太ももの前側、後ろ側、外側、内側というように、脚にはたくさんの筋肉が付着しています。
    この筋肉をバランスよくトレーニングする事で「引き締まったきれいな脚」になるのです。
    今回は、その中でも脚の内側の筋肉についてご紹介します。

    脚の内側は「内転筋群」と言われ、恥骨筋、大内転筋、長内転筋、短内転筋、薄筋の5つの筋肉からなります。

    主に開いた脚を股関節から内側に閉じる内転動作と脚を内側に捻じる内旋動作の時に働きます。

    内転筋は普段、意識して使われることが少ない為、たるみやすくなります。
    内転筋がたるんでしまうと、太ももと太ももの隙間がなくなってしまう事があります。
    逆に言えば、内転筋群をトレーニングで引き締める事で、太ももと太ももの隙間を作り出し、ラインのきれいな脚を作ることができるのです。

     

    普段の生活では使われづらい内転筋ですが、バランスボールやスモールボール、ゴムチューブなどを使うと効果的に鍛えることが出来ますので、ぜひご相談ください。
    内転筋を鍛えて、ラインのきれいな脚を手に入れましょう!!

ページトップ