コース内容

女性に特化した指導経験を持つ運動の専門家であるパーソナルトレーナーが一人ひとりのカラダと目標に合わせたトレーニングを行います。加えて、栄養のプロフェッショナルである管理栄養士による食事指導で美しいボディラインを作り出します。

お客様の理想のボディを手に入れていただくため、3つのポイントをご用意いたしました。
※効果には個人差があり、結果を保証するコースではございません。

  • 1.適切な運動の実施

    お客様一人ひとりに合ったパーソナルトレーニングメニューの選択 詳しくはこちら

  • 2.食事を学ぶ

    栄養バランス、摂取カロリー目安の把握 詳しくはこちら

  • 3.生活習慣の見直し

    パーソナルトレーナー又は管理栄養士がカウンセリングを行い、生活習慣にダイエットの妨げとなる習慣がないかを抽出し、改善が必要な場合は、アドバイスいたします。
    生活習慣を無理なく見直すことでストレスなくボディメイクが行えます。

短期集中パーソナルトレーニングコース

■栄養カウンセリング

管理栄養士又はパーソナルトレーナーがカウンセリングをしたうえで、お客様のご相談内容にお応えし、食生活のトータルコーディネイトを行います。
お客様一人ひとりに合わせたボディメイクの為のお食事を提案いたします。

■運動カウンセリング

パーソナルトレーナーによるボディメイクのための運動カウンセリングを行っていきます。

お客様一人ひとりの筋力、柔軟性を把握しトレーニングメニューを作成していきます。これにより、自己流のトレーニングと比べて安全かつ効率的に結果を得ることができます。
また、体組成計測定により、体重、体脂肪率、BMIはもちろん、基礎代謝、筋肉量など、家庭用機器では測定できないようなあらゆるデータを測定していきます。
筋肉量と脂肪量を数値で出す事で、あなたのカラダの現状と課題が明確になります。

■ダイエット遺伝子検査(オプション)

ダイエット遺伝子検査は、痛みのない、口腔粘膜を採取するだけの検査であなたの先天的な「太る原因」「肥満のタイプ」「効果的なダイエット方法」がわかります。
検査結果は、肥満のタイプが243種類(大きく分けて10種類に)に分類されます。
気になる生活習慣、ダイエット、メタボリック肥満遺伝子のタイプ別の最適な食事、運動法等の様々な情報をレポートいたします。

詳しくはこちら

よくある質問

Q.1施設の利用条件はありますか?+
A.20歳未満の方、心臓疾患のある方、体調の優れない方、刺青のある方、医師より運動を禁止されている方、手術後または骨折直後の方、感染症の方(水虫・ただれ等の皮膚病、疾患含む)、アトピーの方、妊娠中または、妊娠の可能性がある方はトレーニングが出来ません。
Q.2予約方法を教えてください?+
A.店頭・メール・電話にてご予約を承れます。 ※指導中は電話に出られない場合がございます。なるべく店頭又はメールにてご連絡ください。
Q.3予約の変更・キャンセルをしたい場合は、キャンセル料はいつから発生しますか?+
A.予約の変更・キャンセルは予約日前日の営業時間終了まで可能となります。それ以降の変更・キャンセルは認められず、1回分のレッスンを実施したものとします。
Q.4会員種別の変更・退会したい時はどうすれば良いですか?+
A.会員は自ら契約変更・契約解除をする場合は、変更・解除希望前月の末日までにメール(info@renbeautysalon.com)または店頭で届出書を不備なく提出することにより、希望月の末日に変更・解除ができます。メールでの場合は、施設からの返信をもって変更・解除が完了となります。なお、施設は、会員が月会費その他施設に対する責務を完済したことを確認し変更・解除とします。(例:3月末日までに契約解除手続きした場合は、4月末日の契約解除)※電話での変更・解除手続きは行えません。
Q.5トレーニングマシンはありますか?+
A.トレーニングマシンはございます。主なトレーニングマシンはテクノジム社のスミスマシン、カイザー社のスピニングバイクなどがございます。また、バーベル、ダンベル、バランスディスク・ボール、ストレッチポールなど各種トレーニングツールもございます。
トレーニングマシン トレーニングマシン
Q.6体験コースを受けたら必ず入会しなければいけませんか?+
A.当店では、体験コース終了後に強引な勧誘を一切行わないことをお約束いたしますので、ご安心ください。
Q.7運動未経験でも大丈夫でしょうか?+
A.未経験の方も多く、一人ひとりのレベルに応じてプログラムを作成いたします。ご安心ください。
Q.8他のパーソナルトレーニングジムと比べなぜこんなに安いのですか?+
A.当店の特徴として、他社と比較して退会率が低く、新たな新規入会者獲得の為の広告宣伝を打ち出す必要がございません。
その為、広告宣伝費をコストカットができ、広告宣伝費を価格に転嫁することなくリーズナブルな価格での提供が可能となりました。
また、女性専用パーソナルトレーニングジムにすることで、女性向けのトレーニングマシン、女性専用ロッカーだけに集中して設備投資することで実現できました。
Q.9足やお腹を引き締めたいのですが、引き締まりますか?+
A.引き締まります。皮下脂肪を減らし、筋肉をつけると細く引き締まった状態になります。
Q.10筋肉はつけたいけれど筋肉がつきすぎてムキムキになりませんか?+
A.女性はもともと女性ホルモンの影響からムキムキな身体にはなりにくいです。また筋肉を大きくするトレーニング、筋力をつけるトレーニング、筋持久力をつけるトレーニング、柔軟性を高めるトレーニング、脂肪を燃焼させるトレーニングと様々なトレーニング方法がございます。お客様一人ひとりの目的に合わせたトレーニングメニュー作成をすることで、お客様の理想の身体へ近づけるようにサポートいたしますので、ご安心ください。
Q.11 短期集中パーソナルトレーニングコース後のリバウンドが心配です。+
A.2か月間のパーソナルトレーニングにより、カラダと生活習慣が改善されます。当店で手に入れた食習慣と正しいトレーニング知識でリバウンドしづらい身体を目指せます。
またコース終了後も月2〜6回の月会費コースで継続も可能です。
Q.12トレーニング前の食事は何がよいですか?+
A.パーソナルトレーニング中にエネルギー切れにならないためにも、パーソナルトレーニング前に適切な食事を摂ることは大切です。エネルギー切れになると、トレーニングのパフォーマンスや集中力の低下を招き、場合によっては、筋肉の分解(カタボリック)を招いてしまうことも。
運動前は、筋肉を効率よく働かせるために、ブドウ糖(糖質)とアミノ酸(タンパク質)を中心に摂りましょう。摂るタイミングによっては、食事内容が異なります。例えば、パーソナルトレーニング直前(30分~1時間前)の場合は、胃腸に負担が少なく消化吸収の良いバナナなどのフルーツや、ブドウ糖・アミノ酸を含むスポーツゼリー飲料などが良いでしょう。お好みのフルーツや蜂蜜+プロテインを混ぜたスムージ―もお勧めです。
また、少し余裕があり、パーソナルトレーニングの2~3時間前に食事できる場合は、全粒粉のパンや玄米、オートミールなど、ミネラルが豊富な糖質に、卵や鶏ムネ肉などの良質なタンパク質を合わせた食事がお勧めです。2~3時間後のトレーニング開始時には、程よく血糖値が上がり、個人差もありますが、消化も終えている為、トレーニング効率がアップします。ただし、運動前は、消化に時間のかかる脂質や繊維質の多い食事は消化吸収の妨げになるので極力避け、動けなくなるまでお腹いっぱいに食べ過ぎないよう、量には気を付けましょう。
Q.13トレーニング後の食事は何がよいですか?+
A.パーソナルトレーニング後の食事は、摂るタイミングと食事内容が非常に大切です。適切な方法で食事を摂ることで、パーソナルトレーニング効果を上げ、疲労回復効果が期待できます。特に、筋力トレーニング後~30分の間は、体内の筋肉合成能力が高まっている為、このタイミングでアミノ酸(タンパク質)と微量栄養素(ビタミン・ミネラル)、また、少量のブドウ糖(糖質)を加えた食事を摂ると良いでしょう。(例えば、吸収の早いホエイプロテインをグレープフルーツジュースやオレンジジュースで割って飲む。プレーンヨーグルトにメープルシロップをかけて食べる等。)トレーニング直後は、消化能力が一時的に落ちている為、脂質の多い食事は負担がかかる為、避けましょう。
Q.14食事の前に野菜を食べると痩せるのは本当?+
A.野菜類は、いろんな種類がありますが、全般的に身体の代謝を促進し、身体の調子を整える役目のあるビタミンやミネラルが豊富です。また、食物繊維も含まれるため、食事の際、最初に食べることで、そのあとに食べるごはんやおかずに含まれる糖質や脂質の吸収を和らげる効果があります。また、最初に野菜をたっぷり摂ることで、食べ過ぎを防ぎ、食事全体のカロリーダウンに繋がることでダイエット効果が期待できます。ただし、野菜を食べる際は、ドレッシングなどの調味料の内容や、イモ類などの糖質が多く含まれる野菜の摂取量、調理方法(油を使った炒めや揚げなど)に気を付けることも大切です。野菜は種類によって、含まれる栄養素の含有量が異なります。出来るだけ偏ることなく、いろんな種類の野菜を少量ずつバランスよく摂ることでダイエット効果も高まります。
Q.15食事制限だけのダイエットだと筋肉が落ちやすいのは本当ですか?+
A.本当です。食事制限による体重減少により、それまで体重を支えていた筋肉が不要となり、その筋肉が落ちるからです。その結果、代謝が悪くなります。その為、食事制限中は、筋力トレーニングを併用することをおすすめいたします。筋力トレーニングをすることで筋肉量の低下を防ぐことができ、代謝を高めてくれるからです。
Q.16シャワー設備はありますか?+
A.申し訳ございませんが、シャワー設備はありません。個人差はございますが、汗をダラダラかくワークアウトではなく、ボディワークを中心としたパーソナルトレーニングなっております。
ページトップ