ブログ

  • 2017.09.18 トレーニング

    背中を美しくするには

    こんにちは!
    パーソナルトレーニングジム REN 三軒茶屋です。

    みなさんは、自分の後ろ姿を毎日チェックしていますか?
    鏡を見ることはあると思いますが、正面ばかりで背面を気にしている方は少ないのではないでしょうか。
    その為、ふとした瞬間に目にした自分の後ろ姿に愕然としたという方も多いのではないでしょうか。
    特に腰回りや脇の下あたりに溜まったお肉・・・女性はブラジャーに乗っかるようについてしまったお肉にガッカリした方もいるのではないでしょうか。

    背中には「広背筋」という大きな筋肉があります。文字通り、背中の広い面積を占めている筋肉です。
    あばら骨(肋骨)がついている背骨(胸椎)の下の方から上腕骨の内側にかけてついおり、脇の下に手を入れると触ることができます。
    何か重たいものを引っ張ったり、身体の後ろで手を組む時や、上半身を前後や横に倒したり回したりする時に働きます。
    日常生活では、身体の前側で作業をすることが多いため、この筋肉は使われづらくなっています。しかし、この筋肉が働かないと肩が前に落ち、背中が丸まった「猫背」のような姿勢になってしまうのです。使われない筋肉は伸びて緩んでしまう為、脂肪や老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。

    広背筋を使い、背中を引き締めるには、肘を曲げて脇をしめ、肘を後ろに引くローイングや、両手をバンザイした状態から肘を曲げ、脇をしめるようにして肘を引き下げるラットプルダウンという動作が効果的です。

    また、広背筋を鍛える事でお腹周りとのメリハリを作り出し、くびれを目立たせることができるので、くびれが欲しい方にもおすすめです。

    しかし、広背筋は普段使われづらい筋肉のため意識しづらいというデメリットもあります。
    ぜひ、パーソナルトレーニングでしっかり鍛えて背中美人になりましょう!

ページトップ