ブログ

  • 2019.09.10 トレーニング

    筋肉痛について

    こんにちは!
    パーソナルトレーニングジム REN 三軒茶屋です。

     

    筋力トレーニングしている方は、日頃から、筋肉痛を経験したことがあると思いますが、
    筋肉痛には、下記の2種類があります。

    現発性筋肉痛:運動中に痛みが出て、運動を止めると痛みがなくなる筋肉痛。
    遅発性筋肉痛(Delayed Onset Muscle Soreness DOMS):運動後数時間から1~2日後に痛み出す筋肉痛。

     

    一般に筋肉痛と呼ばれているのは、後者の遅発性筋肉痛のことです。
    筋繊維に微細な傷ができて炎症を起こし、痛みとなって現れるといわれていますが、
    現状では未だにはっきりしたことは分かっていません。
    また、運動を習慣化している人は、筋肉痛の発現が少ない場合があります。
    筋肉痛の痛みは、24~48時間後がピークとなり、運動の強度や個人差がありますが、2~3日程度続くこともあります。

     

    遅発性筋肉痛は、筋肉が短縮しながら力を発揮する「短縮性収縮(コンセントリック収縮)」よりも、筋が引き伸ばされながら力を発揮する「伸張性収縮(エキセントリック収縮)」の方が起こりやすいといわれています。
    伸縮性収縮の方が筋へのダメージが大きく、筋繊維とともに筋外膜などの結合組織も傷つき、炎症を起こし、筋肉痛を起こします。

     

    普段から運動をしている人は、筋の損傷が起こりにくいので筋肉痛が治まりやすいといわれます。運動を行なう間隔はあまり開け過ぎず(筋肉痛が治まった段階で再びトレーニング)、定期的に取り組む方が筋肉痛の予防になります。
    トレーニング前にストレッチで筋温を高め、軽い負荷をかけておくと、痛みの軽減につながります。筋肉痛がある間は、休養をとることをおすすめします。(部位を分けてトレーニングするのも有効です)

     

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    パーソナルトレーニングジム

    REN三軒茶屋

    TEL:03‐6753‐5350

    お問い合わせフォーム

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ページトップ