ブログ

  • 2018.06.15 トレーニング

    肩の痛み?もしかして腱板断裂?

    こんにちは!
    パーソナルトレーニングジム REN Beauty Salon 三軒茶屋です。

    今回は、腱板断裂についてお伝えいたします。

    腱板断裂とは?
    肩関節は、上腕骨のボールと肩甲骨の受け皿でできていますが、その周りを複数の筋肉に囲まれています。筋肉と骨は腱によってつながっており、その腱が板状に見えることから腱板と呼ばれています。また、腱板は四つの筋肉(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)から構成される重要な関節の構造体です。肩関節を最も内側で関節を動的に支持する重要な機能を有しています。この腱板が切れてしまうのが腱板断裂です。

     

    断裂の原因として
    1.加齢:60歳を過ぎると徐々に生じてくる。ただし、体質によっては60歳よりも早くなる場合があります。
    2.外傷:転倒や衝突により腕の強い捻転強制や打撲で生じる。
    3.スポーツ障害:テニスやソフトボール、バレーボールやウエイトトレーニングなど肩を酷使することで生じる。
    小さい断裂であれば疼痛を引き起こし、時間経過とともに大きな断裂になると筋力低下を自覚します。
    夜間に痛みを生じることが比較的多いです。

     

    腱板断裂の症状の注意点
    腱板断裂は、60代以上の4人に1人に起きていますが、その約6割は痛みなどの症状が現れにくいとする報告があります。これは、多くの場合、断裂の進行がゆっくりで炎症が起きにくいために、痛みを感じにくいことなどが理由と考えられます。
    腱板断裂は四十肩や五十肩とは異なり、自然治癒はありません。特に、トレーニングなどで60代以上の人が、肩から上腕部にかけて痛みを感じたら、腱板断裂を疑って整形外科の受診をしてください。
    最近、お客様で整骨院や接骨院、整体に行かれる方がいますが、まずは整形外科のある病院に行くことをおすすめします。

     

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    パーソナルトレーニングジム

    REN三軒茶屋

    TEL:03‐6753‐5350

    お問い合わせフォーム

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ページトップ